スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよならミリちゃん

 スポットオン スクールを始めたときから、一緒に英会話を勉強してくれていた,みりちゃんが,
ご家族の転勤の為、7月一杯でお引越しすることになりました。

 とても明るく積極的に、いつもレッスンをリードしてくれていたみりちゃん。

 優秀な生徒さんを失って、とても残念ですが、お引越し先でも、是非、英会話を続けて頂いて、
英会話を将来のスキルとして磨きをかけていただきたいと思います。

 みりちゃんがんばれ!!

みりちゃんの最後のレッスンの日、さよならパーティーをみんなでしました。

mirichan1



mirichan2



mirichan3




mirichan4

mirichan6
スポンサーサイト

テーマ : 英語教室
ジャンル : 学校・教育

英検2級合格心得3(多読こそ英語上達のカギ)

合格するために試験を受けるのか?

試験を受けてみたら、合格するのか?

この言葉は、似て非なる言葉です。前者は、とかく試験に合格してしまえばいいということ、自分が資格保有者であることに重点を置きます。

つまり、試験が終わってしまったら、忘れてしまってもいい、勉強法で試験に臨むので、いろいろな問題集にあたって、単語を暗記して、試験が終わったら、すっかり頭の中から消え去ってしまうのです。

後者は、十分に能力を蓄えてから、自分がどの能力までになっているかを、試験という方法で、計るというものです。この形は、普段から、少しづつ訓練して能力を蓄えていかなくてはいけません。

多読勉強法は、まさに、後者の勉強法になります。

多読とは、具体的にどういう勉強法でしょうか? 

読んで字のごとく、とにかくたくさん読んでください。

と、いうことです。

さて、英語を学ぶととは、どういうことでしょうか?

英語は、言葉です。人と人がコミュニケーションを取る際に使う道具です。

ですから、英語は、難しいものであってはいけません。

英語を話す人がすべて、大卒の頭のいい人間ばかりでは、ありません。

子供から、大人、お年寄りまで、必ずしも学校を卒業している人々が英語を使いこなしているわけではないことを考えてください。

ですから、英語というコミュニケーションを成り立たせる道具は、シンプルな説明書で、話せるようにできています。

説明書は、文法です。

しかしながら、説明書を読んだだけでは、なかなか道具を使いこなせるものでは、ありません。

最近、DVDレコーダーがとうとう壊れて、ブルーレイレコーダーを買ったのですが、やっぱり、説明書だけを読んでmその操作法を理解しようとしても、さっぱりです。

リモコンを片手に、実際、操作しながら説明書を読むと、なるほど、となるわけです。

そして、何回もボタンを押しながら、練習すると、だんだん慣れてきて、使いこなせるようになるわけです。

英語は、もう一度いいますが、コミュニケーションの道具です。

人が、道具を使いこなす上で大事なことは、操作が簡単であること、そしてもうひとつ、重要なのは、ある程度、操作法が予測できるということです。

DVDとブルーレイの話をしましたが、私は、DVDの操作法を知っていました。なので、ブルーレイの操作法も、ある程度予測が出来ました。

つまり、英語も、いろいろな言葉に、一度でも当たっていると、なんとなく予測ができるのです。

外国人の方から、日本語について聞かれたりすることがありますが、間違ってしゃべっていて、それを訂正すると、なぜ?、と聞かれたりします。答えてあげたのですが、はっきりと説明できなかったりします。

この事は、私が、多くの日本語にテレビや本や日常の会話の中でいままで、触れてきた経験があるからです。

文法的な説明は出来なくても、文法的に当たっているか、間違っているか、分かることがあるのです。

ですから、私達が英語を学ぶ際、特に、重要視しなければいけないことは、どれだけ多くの英語に触れることができるか?ということになるのです。

多くの英文に触れていると、理屈ではなくて、正しい英語(よく使われているフレーズ)が体に染み付いてきて、間違った文を聞いたり、読んだりすると、なんか変だな?とカンが働いて正しい答えを導きだせるようになります。

通勤電車の中で、お風呂の湯船の中で、寝る前にベットの上で…。

空いた時間に本を開いて読むことは、けっして難しいことではないし、一番安上がりな勉強法だと思いませんか?

さて、多読の重要性とその利便性がおわかりいただけたでしょうか?

次に、どのような本を読んだらいいかということですが、

まず、2級合格を目指す方々は、英語の基礎をマスターされている方々と思います。

英語の基礎とは、中学3年生までの英語の文法を覚えている方ということです。

2級は、大学受験程度のレベルとでていますが、恐れることはありません。英語の基礎は、中学3年生で終わっています。高校からは、応用です。応用のテクニックを事細かに教わっても時間の無駄でしょう。実際、高校からの、英文法は、例外が多すぎる!!そして、例外から問題をだす!ばかげてますよね。例外は、あまり使わないから例外であって、そんな文に出来くわすのは、確率からいって少ないのです。

そんな、小難しい英文を覚えるよりも、通常、世間一般が使っている英文を読んだほうがどんなにいいことか。

英検勉強を念頭にいれなくれ、多読ということになれば、

SEG学習塾の塾長をされていらっしゃる、古川 昭夫氏のSSS英語学習法は、大変ためになります。

以下にアクセスしてみてください。

http://www.seg.co.jp/tadoku/index.html


古川 昭夫氏の著書は、以下です。



また、自分の現在のレベルを知り、読み始める本を探すには、多読ステーションサイトもおすすめです。

http://www.kikuyomu.com/

そして、英検2級合格に大きな助けとなったテキストは、



です。

この本は、2級によく出る単熟語をいろいろなテーマに沿った長文を読む中で、覚えていこうというものです。

これにより、長文を読む練習になり、テストに出される文章の傾向も分かります。ストーリー中に単語が出るので、そのもので覚えるより、記憶に残りやすいという利点もあります。

CD付きの本を購入すると、りスニングの勉強にもなります。(しかし、英検2級のリスニングは、も少し、やさしいです。)

次は、そのテキストを使った勉強法についてお知らせします。



テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

英検2級合格心得 2(効果的な勉強法とは?)

まず、英検は、どのような問題が出されているのでしょうか?

英検2級の問題を見てみますと、

一次試験
 
大問1 語法・文法問題
 英文中の、( )の中に、正しい単語や熟語を下の選択肢の中から選んで入れる。

例)Carlos won the school science prize for a well-planned( )that tested the effect of electric light on flowers.
 1.statement  2.experiment  3.replacement  4.entertainment 答え 2番

大問2 語順整序問題
 英文中の、(  )の中に、下の単語群を正しい順所に並べ変え入れて、文を完成させる。そして、その並べ替えた単語の2番目と4番目を答える。

例)The teachers are going to practice the experiment a few times ( ) with their students.
 1.they 2.it 3.before 4.out 5.carry 答え 2番目-1番  4番目-2番


大問3.4 長文問題

りスニング問題(一部・二部)

 これらの問題は、以下のStep英検のホームページを参考にしてください。

http://www.eiken.or.jp/ (Step 英検)



まず、一次試験は、筆記問題とリスニング試験に、大きく分けられます。

結果から言いまして、筆記試験の自信が付けば、りスニング問題は簡単です。

なぜなら、リスニングで使用する英文が、筆記試験よりもレベルが低く設定されているからです。

しかし、ここで1つ注意しなければいけないのは、”耳が英文に慣れているか?”ということです。

これは、トレーニングするしかありません。

話は、少し横道にそれてしまいますが、英会話が上達するのは、どうすればいいと思いますか?

1.とにかく、外国人と会って話す。
2.外国に留学する。
3.フレーズ集を買って覚える。

などなどありますが、これは、怠け者が試みる勉強法です。

 たった、1週間英会話教室に通って英語が上達した人を見たことがありますか?外国にホームステイして見違えたように英語を話すようになったと聞いたことがありますか?フレーズ集を覚えて、その場面でスラスラ英語が出てくると思うでしょうか? 

 こういう学習法を続けていて、やっぱり英語が話せないな~、英語は難しいな~、自分には、無理だ!となって、あきらめる日本人のなんと多いことでしょう!

 はっきり言いますが、英語は難しくありません!

 何が、英語をややこしくしているかというと、英語と日本語がまったく文化の違う中で出来た言葉なので、ルール(文法)がまったく違うからなのです。

 だから、日本語の脳みそで、考えて英語を話そうと思っても英語は話せません。あなたの頭の中に、英語脳を作らなければ、英会話は出来ません。
  
 英検の2級ぐらいになると、筆記試験もリスニングも、いちいち日本語脳で、考えて答えを出していたら間に合わないのです。 特に長文は、英語で読んで英語のままで理解する必要があります。

 その、英語脳を作るためには、英語を勉強するというよりも英語脳のトレーニングをしなければいけないのです。

 その方法ですが、それは、多読です。

 たくさんの英語の本を読み、多くの英語に触れることがまずは、第一なのです。
 
 これは、試験前の一夜漬けでは、だめです。

 ですから、少なくとも、3ヶ月は余裕を持って試験に臨みましょう! 

 それでは、多読法を使って、リスニングも筆記試験も効果的に学べる方法や、テキストを次回お知らせします。

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

サマーパーティー ―Revenge―

暑中お見舞い申し上げます。太陽


毎日暑い日々が続きますね~!!

森林浴の中、みんなで、ワイワイ、カレー・サマーパーティーを楽しみませんか?

ということで、7月に計画していましたサマーパーティー、天候不順の為、中止になってしまいましたが、

9月5日にやりますよ!!

パーティーの趣旨は、前回同様です。

多くの生徒さんの参加を待ってます!!

黄花ライン

 
Spot on English Schoolは、教室という小さな世界に留まらず、生きたコミュニケーション・英会話を生徒の皆さんに体験していただきたいと思い 、サマーパーティーを行います。
 
 今回は、交流と協力が主な目的になりますので、ある程度、自分のことが自分で出来る年齢からということで、参加年齢を園児年長以上、参加は生徒のみということにさせていただきました。(保護者の方々には、後ほど、ビデオか写真で、報告したいと思います。)

キャンプ場で、包丁や火を使ってカレーを作る作業は、子供たちには、危なっかしいかもしれないですが、あえて、グループで協力しあうことにより、年長のものが、年少の子供の世話をしながら、(カレー作りは、グループに分かれて、園児は、お米や野菜を洗うことを担当し、火や包丁をさわらせないなど、ルールを作ってみんなで協力して作ろうなど工夫をいたします。)また、ゲストの外国人の方とコミュニケーションととりながら、カレーを完成し、みんなで、楽しく頂こうというものです。

場所は、大野城いこいの森で、9月5日(日)12時~16時30分です。

参加年齢は年長からです。

今回は、初めての試みなので私達もドキドキですが、きっといい思い出をつくれると楽しみにしています。

この会の記録は、次回このブログでお知らせしたいと思います。

お楽しみに。

Spot on Englishのホームページへ

テーマ : 英語教室
ジャンル : 学校・教育

英検2級合格心得 1(計画を立てよう)

英検受験をすすめている以上、自分も英検を経験しよう!!ということで、この度、2010年度第一回目の英検を受けました。

今回は、英検2級です。

学生の頃、随分昔に(もう遠い思い出です。( ̄-  ̄ ) )4級を受けてそのままです。

自信がないわけではなかったですが、受かるかどうか分からず、不安でした。

そこで、受験を決めて、合格するまで、どのような準備をしたかをお知らせします。

1.計画を立てよう。

ただ、受けようかな~と思っていたら、ずるずると試験日が近づいて自信がないまま受けるか、あきらめるかということになってしまうでしょう。

少なくとも、3ヶ月位の余裕で試験に臨みましょう。

英検は、年3回あります。試験日予定は、以下からどうぞ。

http://www.eiken.or.jp/ (Step 英検)

2.最初の準備は?

試験勉強といったら、問題集でしょう!と思いますか? 

それもいいでしょう。しかし、問題集は、最初はいりません。

なぜなら、英検のホームページに過去問があるからです。

ここで、一番最近のテストを時間制限どおり、やってみましょう。

答え合わせをすると、自分の不得手な所がわかります。そうすることで、これからの自分の勉強法が見えてくるわけです。

3.テストには、大きく分けて4つのテストがある。


英検テストは、英語能力を計る為にいろいろな方面から能力をテストする訳です。

私なりに、4つに分けてみました。

・文法力…正しい単語や熟語を選べるか?/一次試験問1.2

・読解力…長文を読む力(制限時間内にどれだけ正確に早く読めるか。/一次試験問3.4

・リスニング…英語を正しく聞く能力 /一次試験 リスニング

・コミュニケーション…二次試験の面接です。

これらを効果的に伸ばしていくことが合格のカギとなります。

最初の2ヶ月は、不得手だった能力を中心に伸ばしていきましょう。

ラスト1ヶ月は、過去問を買って仕上げです。これは、試験に慣れるということと、間違った問題を復習すれば、

似たような問題がでるはずですから、本番に有利になります。

早くから、過去問をしても忘れるし、そんなに過去問は安くないので、1冊に留めておきましょう。

次回は、各能力別の勉強法をお知らせします。



テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

田中 利恵

Author:田中 利恵
Spot on English Schoolの情報公開の場です。
最新イベントのお知らせや、楽しかった思い出を公開いたします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。