FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英会話学校の間違い

今日は、今現在の私達家族の様子を少しお話します。
私は、主婦ですが、一週間に2回だけ、英会話を子供グループと大人に教えています。
子供は3歳で幼稚園にか通っています。
だんなは?とゆうと......
ストライキ中なんです。
10年来、勤めていた英会話学校がただいま、給与未払いにつき、休校中というか、先生方がストライキを決行して、学校を開けたくても、教える人がいない状態です。
わたし達は約2ヶ月分の給料をもらえぬまま、ストライキも早、1ヶ月になろうとしています。
学校は具体的な案も出さぬまま、のらりくらりと言い訳ばかりして、学校の運営を放置したままです。
生徒さんもこの先の見通しもつかぬまま自宅待機状態のままで、本当にお気の毒です。

今にして思えば、会社の経営方針に多くの過ちがあったと思います。
  • 月謝制ではなく、まとめ払いで授業料を支払わせていた。
バブルの頃ならいざしらず、この景気の悪い中、毎月生徒が増えるわけでもないのに、半年分も1年分もの授業料を払わせて、そのお金は先生達 の1か月分の給料に消えていました。
  • 個人レッスンを安価で提供していた。
1生徒1講師にすることは一回の講師が教えられる生徒の数を限定してしまうので、将来、さらに生徒を増やそうと思うと、また、講師を雇わなくてはならなくなる。つまり、人件費ばかりがかかる。(1ヶ月に1生徒、いつも新規または継続の生徒の契約を交わして、さらに、授業料を徴収しなければならないということです。)
  • 英語教育に対する方針をなんら立てていなかった。
ここで問題なのは、果たして、英語というものは、英語の話せる外国人に教えてもらえれば、英語を話せる、または、理解できるようになるか?ということです。言い換えると、日本人から習っていても英語は話せるようにはならないのでしょうか?
この点が、いまの日本の英語教育に対する考えの大きな間違いであり、このような、陳腐な英会話教室を野放しにする要因だと思います。外国人から英語を学べば、英語ができるようになるなんて、夢のような考え方は捨て去るべきでしょう。よい英語学校は生徒に英語を教える術をちゃんと説明できることでしょう。 
スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中 利恵

Author:田中 利恵
Spot on English Schoolの情報公開の場です。
最新イベントのお知らせや、楽しかった思い出を公開いたします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。