スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォニックスって聞いた事ありますか?(2)

さて、フォニックスが、英会話習得に大切なのもということは分かりました。

では、そのフォニックスの内容について、ぼちぼちお話しましょう。

英語は、A~Zまで、26文字のアルファベットになりたっています。
そのアルファベットは、大きく、2つに分かれます。

母音 AUIOU と 子音 その他の21文字 です。

英単語は、基本は、この母音と子音の組み合わせでさまざまな、言葉を形づくっています。

すごくないですか?たった26文字ですよ!!

日本語は、ひらがなだけでは、表現できないですよね。

息子の宿題にこんな問題がありました。

「次の文を2通りの意味に表しましょう。」
 ぼくはいしゃになりたい。

上の文、漢字に直すと、

 ぼく 歯医者になりたい。

 ぼくは 医者になりたい。

日本語は、漢字があって初めて、意味をなす言葉が多いです。 「かき」とか 「はし」とか、代表的な例ですよね。

英語は、26文字を多彩に組み合わせて、単語を作っています。

それは、考え方によっては、26文字の発音をしっかり覚えると、単語を覚えるのに大変な助けになるということす。

では、どのように組み合わせるのか?

それは、ローマ字と一緒です。

d o g (犬)は、 子音d(ドゥ)+母音o(オ)+子音g(グ)で、ドッグです。

子音は、どの母音と合わさるかで、音が変化します。

d i g (掘る)は、真ん中の母音i (イ)が 変わっただけです。 ディッグ です。

というわけで、母音を正しく理解することは、とても重要です。 でも、たった5つです。

では、母音 A E I O U については、次に。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【フォニックスって聞いた事ありますか?(2)】

さて、フォニックスが、英会話習得に大切なのもということは分かりました。では、そのフォニックスの内容について、ぼちぼちお話しましょう。英語は、A~Zまで、26文字のアルファベットになりたっています。そのアルファベットは、大きく、2つに分かれます。母音 A...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中 利恵

Author:田中 利恵
Spot on English Schoolの情報公開の場です。
最新イベントのお知らせや、楽しかった思い出を公開いたします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。